2017年04月08日
北京の不動産売買抑制政策,中国不動産バブルはどうなるか? :



中国不動産のバブルがいつはじけるか??

ここ数年常にいわれ続けているが...

いまだに中国マンション等の不動産の上昇は鈍化したが
バブル崩壊まではまだまだ...

そんななか北京市政府が本気を出してきた...

ここ半月で12項目もの不動産の上昇を抑制させる政策を突然発表...

北京半个月发12项楼市调控政策 限购“再无空可钻
http://news.qq.com/a/20170404/005873.htm

3月17日,北京市住房和城乡建设委员会、北京市规划和国土资源管理委员会、北京市住房公积金中心、北京市银监局、人民银行营业管理部联合举行新闻发布会,并发布《关于完善商品住房销售和差别化信贷政策的通知》。此次楼市调控升级不仅实行“认房又认贷”,同时提高了二套房贷最低首付款比例(普通自住房提高至60%,非普通自住房提高至80%),并且将住房贷款期限降至25年。

3月18日,北京市教委明确表示,“过道学区房”不能作为入学资格条件。此外,市教委表示将完善入学政策,指导区教委在热点区域试行多校划片,降低学区房的择校功能。

3月22日,北京市住建委会同北京市规划国土委发布《关于加强国有土地上住宅平房测绘、交易及不动产登记管理的通知》。通知规定,对于“过道”将在不动产权证附记栏中予以记载。该举措意在遏制“过道学区房”。

3月22日,北京市地税局、北京市住建委昨晚发布《关于进一步严格购房资格审核中个人所得税政策执行标准的公告》,对“连续5年(含)以上在本市缴纳个人所得税”加以明确,非京籍纳税从5年改成连续60个月。

3月22日,北京市发展改革委发布《关于规范商品房经营企业价格行为的提醒书》要求,商品房经营者要在住房建设主管部门规定的时间内一次性公开全部销售房源,严格按照申报价格明码标价对外销售。

3月23日,北京市住房城乡建设委约谈北京十大中介机构,明确禁止中介机构参与炒房,随后北京展开房地产中介市场执法行动。

3月23日,北京市规划国土委等部门联合对外发布,不具备居住条件的过道、车库、廊道等异形房,将执行“三不政策”:在不动产登记中一律不能单独办理过户等转移登记;在公安机关户口登记环节一律不能办理落户;在子女就学环节一律不能作为入学资格条件。

3月24日,央行营管部等联合发布的《关于北京地区住房信贷业务风险管理的通知》明确,离婚一年以内的房贷申请人,各商业银行应参照二套房信贷政策执行。

3月26日,北京市发布《关于进一步加强商业、办公类项目管理的公告》,明确规定商办类项目不得作为居住使用,新建项目不得出售给个人,二手项目出售给个人时需满足名下无房且在北京已连续五年缴纳社会保险或者连续五年缴纳个人所得税两个条件。北京成为首个“商住房”限购的城市。

3月28日,北京市发改委、市价监局发布商品房销售明码标价专项检查情况,严禁房地产经纪从业人员一年内买入卖出同一套房屋,同时禁用“学区房”一词。

3月31日,北京市工商部门自4月1日起将开展为期两个月的房地产经纪机构专项整治,重点查处房地产经纪机构发布虚假广告、利用合同格式条款侵害消费者权益等违法行为。

4月3日,北京市住房和城乡建设委员会发布《关于加强国有土地住宅平房销售管理的通知》,将住宅平房也纳入到北京市限购范围中




北京の不動産業界や投資家などをパニック状態に陥れているもよう...


いままでは
マンション購入者のローンの頭金や
ローン制限などマンションを購入しずらい政策を打ち出してきたのだが...


今回はその点と明らかに異なる
抑制方法をとってきたからである...


その内容は...
続きを読む

shanghailife at 13:39 │コメント(0)TrackBack(0)
2017年04月05日
上海の外国人就業者の人材点数制度 :






4月1日から始まると
以前からうわさされている外国人の中国における
就労の際に行われる人材の点数制

この人材の点数が悪いと
就業ビザなどがおりないとの話...どうなんだろう

ただ話しだけで
いったいどんな制度なのか不明点も多い...

4月1日になったので
そろそろ詳細が公表されているかななんて思い

上海の上海市人力資源和社会保障局のホームページを
見てみたが..
.
上海市人力资源和社会保障局
http://www.12333sh.gov.cn/

就労ビザ(Zビザ)取得時に必修の外国人就业许可证书の申請方法も
以前と変わらず

下記のような内容は..
続きを読む
shanghailife at 16:43 │コメント(0)TrackBack(0)
2017年04月03日







中国では完全にアクセス禁止になってるグーグルのサービス
google検索はもちろんGメール,google地図,youtubeなどそのサービスは
普通では中国国内からはアクセスできない


携帯でも
普通ならばアンドロイド携帯電話には
google playがプリインストールされているが
中国ではそれさえも無く

携帯アプリのダウンロードも別のアプリを使ってダウンロードするのが
たりまえとなっている

ただ最近google社が中国政府と改善の意思を表明しており

今後 これら中国国内からアクセス禁止となっている
アプリやホームページが使えるようになるかも?

と期待されるような事態が起きた
続きを読む
shanghailife at 13:48 │コメント(0)TrackBack(0)
2017年03月31日
上海市道路交通管理条例の改正で自転車の逆走も罰金 :




最近上海ではいろいろな法律が改正されている...

もちろんほとんどが取り締まり強化...

最近も交通法規の条例が改正された


上海市道路交通管理条例の改正...


なかなか法律面で詳しい内容は難しいのだが...

上海で自動車を運転をしている日本人も少ないので
関係ないと思っている人もいると思うが...


ただ今回は自動車だけでなく歩行者や自転車などの非機動車などの
罰則も強化されたとのこと...

んんん

果たしてどんな違反や罰則なのか???
続きを読む

shanghailife at 18:23 │コメント(0)TrackBack(0)
2017年03月30日
中国国内の外国人はパスポート常時携帯は必修? :






最近 韓国国内の高高度ミサイル防衛(THAAD)問題で
中国と韓国の関係が悪化してしばらくたつ

この影響で
そんななか外国人の職務質問や検査,取り締まりも強化しているみたい

そんな中こんな記事を目にした

中国公安、現地韓国人を無差別検問…駐中韓国大使館「パスポートの所持」呼びかけ

韓国内の高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備決定に伴う中国の報復が韓国人を狙った不審検問などに拡大している。これに伴い、駐中韓国大使館は中国を訪問する韓国人に公安の検問検索に備えてパスポートを常に所持するよう呼びかけている。

駐中韓国大使館は21日、ホームページに「中国内滞留関連有意事項案内」を掲載し、中国では常時パスポートあるいは居留許可証を所持するよう要請した。大使館は「最近、中国公安当局が路上や企業、宗教活動地、居住地などで韓国人のパスポートあるいは居留許可証の所持の有無を確認し、これを通じて居住地の住宿登記未登録者を摘発する事例が頻発している」とその公示理由を明らかにした。居留許可証は現地留学生や海外同胞に発行されている。彼らが普段、居留許可証を持つ場合が多くない点を考慮すると、大使館のこのような措置は異例だ。

実際、最近中国が「THAAD報復」の目的で韓国人居住地域に対する不審検問を強化しており、海外同胞の間には不安が広がっている。北京に住む海外同胞チョンさん(26)は「韓国人が運営する商店に公安が入ってきてTHAADに対する見解を尋ねていた」とし「韓国人を狙った中国によるあら捜しがますますひどくなっている」と話した。チョンさんはまた、「居留許可証を外出時に所持する海外同胞はほとんどいなかったが、THAAD報復のとばっちりを受けるのではないかと心配で、自発的に許可証を携帯する人が増えた」と伝えた。

中国出入国管理法によると、満16歳以上の外国人は中国滞留時には本人のパスポートまたは旅行証明書または外国人居留許可証を所持しなければならず、公安機関の検査に応じる義務がある。この時、入国後24時間以内(農村地域滞留時は72時間以内)に住宿登記(居住地登録)をしないか満了後に更新しなかった事実が摘発されると、公安機関の裁量で警告処分または最大2000人民元(約3万2300円)の罰金が課されることがある。調査の要求に応じない場合にも同じ罰則が適用される。

すでに韓国人密集地域である北京?望京と上海?虹泉路では今月初めに数十カ所の韓国人団体と海外同胞が公安の抜き打ち点検を受けていたことが分かった。




韓国人に対しての対応をのことだが…


でも 韓国人も日本人も見た目は変わらないので...

日本人も職質や検査などを受ける可能性は高く

街中での
パスポートチエックなども強化されている...
続きを読む
shanghailife at 16:36 │コメント(0)TrackBack(0)
2017年03月28日
上海のホテルルーム内も前面禁煙?KTVやカラオケ,バーは? :







3月1日から始まった

上海の公共室内の全面禁煙の条例...

まあ最初は飲食店だけだろうと
あまり心配してなかったのだが...

詳しいニュースを見てみると...

バスや公共交通,学校,病院,飲食店などに
加えて...

娯楽施設も全面禁煙となったとのこと...

酒を飲む
KTVやカラオケ,バーも全面禁煙とのこと...


それに加え
室内に分煙用の喫煙室も設置してはいけないようだ...


厳しい...


またホテルの部屋はさすがに問題ないだろうと
思っていたのだが...


ホテル予約サイトのCTRPで
上海のホテルを予約しようとすると...

なんと下記のような注意書きが







え...

喫煙ルームはない?

ホテルの部屋でも全室タバコ禁止???なのか?
続きを読む
shanghailife at 12:26 │コメント(0)TrackBack(0)





サイト内検索



中国上海外こもりブログ
中国[上海]駐在生活ブログ

RSSリーダーで購読する

連絡はコメントに残してください(コメントは承認制です)


最新コメント
最新ニュース
最新ニュース