信じられないが中国で民主化アンケート調査/中国政治体制事情




2011年12月05日

信じられないが中国で民主化アンケート調査/中国政治体制事情

政治ブログ | ニュースブログ
1中国政府系の新聞と言われている環球時報
自分は家に宅配してもらい毎日呼んでいるのであるが

海外系のメディアの転載などに
中国のアナリストなどがコメントなどを掲載して
記事にしているパターンが多い。

ここに出てくる日本人で有名なのは加藤嘉一氏



だから外国記事などの中国批判などがあれば
それにアナリストたちが否定,反発する記事になることが多いのである

まあ政府系新聞などの仕方はなにのだが

そんな中 最近今までは考えられない記事が掲載されていた

それは...













この中国政府系の匂いが最も濃いの新聞の環球時報が


信じられないが中国で民主化アンケート調査/中国政治体制事情

http://www.huanqiu.com/


民主化に対する考えをアンケートとして
聞いたとの内容

中国国内ではタブーであるはずの民主化

これに関して電話でアンケートしたというもの
これを新聞一面を使って掲載していた

内容は下記

据12月1日出版的《环球时报》报道,近年来,“民主”这个词在中国人的社会生活中出现的频率不断甓叩为了了解中国普通民众对民主的看法,《环球时报》旗下的环球舆情调查中心于11
月25日至29日在全国7个具有代表性的城市进行了民意调查。调查结果显示,近九成受访者认同“民主是好东西”,77.2%受访者认同“民主是大趋势”,近八成受访者认同“民主制度可以有
不同的模式,美国式民主只是其中一种”。此外,近半数受访者认同“激进式的民主推进方式不利于国家发展”,60.1%的受访者认为中国可能建设不同于西方的民主模式。


  环球舆情调查中心本次调查以计算机辅助电话调查访问的方式进行数据收集。调查对象为北京、上海、广州、长沙、成都、西安、沈阳7个城市18岁以上的普通市民。本次调查为简单随机
抽样,在95%的置信度下,允许抽样误差为3.09%。调查共回收有效问卷1009份。调查结果如下:


  在回答“是否同意民主是好东西的说法”时,有87.2%的受访者表示赞同,4.9%的受访者不同意这种说法,另有7.8%的受访者选择“说不清”。对于“民主是大趋势”这一说法,77.2%的
受访者同意,12%的受访者不同意,另有10.8%的受访者选择“说不清”。而在问及“你认为阿拉伯之春是否能带来中东的民主”时,41.7%受访者回答“不能”,15.9%的受访者给予肯定,另
有42.4%的受访者选择“说不清”。在回答“是否同意苏联解体后的民主建设进程表明,激进式的民主推进方式不利于国家发展,也不利于民主制度建设”时,45.9%受访者表示认同,26.9%的
受访者不认同,另有 27.2%的受访者表示“说不清”。


  对此,中国人民大学政治学系教授杨光斌11月30日对《环球时报》表示,中国民众对民主的看法趋同,这应该和中国近代历史有关。近代中国的革命处处都在呼喊民主,民主肯定是个好
东西。从理论上讲,民主作为一个普世价值,中国民众基本都是接受的,也符合历史发展潮流,是个客观认识。但一涉及到具体问题,即以什么样的方式实现民主,无论是苏联解体还是阿拉
伯之春,中国民众都显出务实的一面。一百多年的动荡历史给中国带来的痛苦太多,中国人大部分都不会接受激进式民主。


  杨光斌说,中国和苏联最具可比性,苏联的民主改革是失败的。瑞士日内瓦外交与国家关系学院教授张维为曾在苏联解体后访问过俄罗斯,他30日对《环球时报》表示,俄罗斯人对于这
种灾难般的激进式民主记忆犹新。梅普轮流坐庄,在外人看来这样的民主有些滑稽,但对于经历过动乱的俄罗斯人来说,他们格外珍惜现在的稳定,认为这种选举领导人的方式就是民主。


  本次调查还显示,64.8%的受访者认为中国崛起的过程中,根据自己的国情,“完全可能或有可能”建设不同于西方的民主模式,有20.1%的受访者认为“没可能”,另有15.1%的受访者表
示“说不清”。而在回答“你认为中国这些年民主建设的基本态势是什么”时,60.1%受访者认为是“在逐渐进步”,约两成(18.9%)受访者认为“在原地踏步”(如图2)。


  张维为表示,总体看来,被调查对象对民主的认知具有一定水准,在认同民主是好东西的同时承认民主有不同形式,中国要走自己的民主创新之路,这是个很好的趋势,中国的民主之路
也只能这样走。

信じられないが中国で民主化アンケート調査/中国政治体制事情



簡単にアンケートをまとめると

1、民主化とは良いものだと思いますか?
賛成87.2%
反対4.9%
残りわからない

2.アラブの春は中東に民主化をもたらしますか?
いいえ 41.7%
はい15.9%
残りわからない

3、ソ連崩壊時の民主化過程でわかる事は 過激的な民主化の推進は国家の発展に不利であるか?
不利である45.9%
有益である26.9%
残りわからない

4.中国の発展段階,中国の国政の事情に沿い西側諸国と違った民主化の模式を作り上げることは完全可能かもしくは可能か
可能64.8%
不可能20.1%
残りわからない

5.最近の中国の民主化に対する基本姿勢に対してどう思うか?
少しずつ進歩60.1%
変わらない18.9%



とのことである

まあつっこんだ内容は無いものの
これが全国紙に載るのはまれ



まあ人数が1000程度のアンケートと言うものであるし
何処までこのアンケートが信頼できるかは不明であるが

まあアンケート結果を見る限りそれほどかけ離れてはいないと思う










明日の励みポチッと応援クリックを...
↓ ↓
 

・ぜひ評価の足跡を残していって下さい:





トラックバックURL



コメント
2. Posted by     2011年12月06日 18:26
すいません


ソ連崩壊などの内容もあり

共産主義の前提とか関係なく
市民権要求の民主化だと思っていました

ただ内容からみると過激な民主化には反対すると言う論調なので
共産主義の前提下での民主化(下の意見を汲み上げられるようにする)
内容を推し進める内容のようですが



1. Posted by 通りすがり   2011年12月06日 00:54
2 この中で言う"民主"という中国語と民主化という日本語を対応させるのはミスリードではないでしょうか?

日本人は共産主義の反対語で民主主義と言いますが
中国人にとっては共産主義に対応することばは資本主義ですので。

あくまでも共産主義の前提下での民主化(下の意見を汲み上げられるようにする)であり、タブーである反体制の民主化(市民権要求)とは意味合いが全く違うと思うのですが。
コメント、質問をする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 





サイト内検索


中国上海外こもりブログ
中国[上海]駐在生活ブログ

RSSリーダーで購読する

連絡はコメントに残してください(コメントは承認制です)


最新コメント
最新ニュース
最新ニュース
月間のレポート