民办教育促进法改正で上海のインターナショナルスクールはどうなる?




2016年11月22日

民办教育促进法改正で上海のインターナショナルスクールはどうなる?

中国留学ブログ | 上海生活情報ブログ

少し前だが1枚の文章がネットに流出
それが 上海の富裕層ママたちに衝撃をあたえた

内容は











中国語であるがまとめると

 这份超过1000字的文件主要说了现在上海民办学校的四个问题,第一个是在基础教育阶段(小学初中)引入境外课程,损害了中国教育的主权。第二个是部分学校有外资背景或以盈利为目的,这不符合规范。第三个是很多学校直接引入国外教材,未经审批。第四个是有些学校违规提前招生。市教委会对上述行为进行严格检查。

  对于上述四个问题,文件还做出了下面4个措施,第一个就是暂停涉外民办学校的审批。措施二:严格学校的课程审核,不能整建制引入国际课程,而且在民办学校的基础课程不能变。措施三:进后所有的教材都要进行三级审核管理,学校、区教育局、教委审核,且区教育局是主体责任。最后一个是关于招生,所有学生需要参加上海的15门中招会考,境外学生采用等级制。且最重要的,不允许进行提前招生。



まあ
新規外国語学校の審査を停止 教育課程の厳格な審査 国際教育課程での教育を止め,基礎課程は変更不可
教育教材の厳格な審査,管理 すべての生徒は上海的15门中招会考に参加し早い段階での入学受付の禁止

そして
外国資本あるいは外資と中国資本の私立学校は外国資本の撤退案を検討しておくこととまで
記載されている


この為... 










外国資本の私立学校がなくなるのでは?中国籍ではインターナショナルスクールに入れなく
なるのでは??
など今後のインターナショナルスクールなどの運営に不安を与える内容...



それに応対して
11月8日には
民办教育促进法が改正

義務教育における営利目的の私立学校の設立禁止が決定

来年9月1日から施行される

ここで気になるのが営利目的か非営利目的か?
ここの曖昧さで

各部門の審査に権限を持たせているようであるのだが...


授業料が高いイコール営利目的ではないのか??
教育課程が政府の方針に合っていればよいのか?

などなど不透明な部分が多い


上海の富裕層ママたちに人気のインターナショナルスクール
今後はなくなりはしないと思うが...


大きく変化してしまうだろう...

国際都市で売っていた上海だが...
ここまで来ると本当にどうなっていくのか不安

たぶん歴史問題、民主化などの問題などで
義務教育の時に思想を管理する意向と思われるが...


国際化が進む中どこまで続くかは不透明

ちなみに
外国人籍の学生は今までどおりとのことであるが
ただ

中国籍の子供が入りにくくなると運営面で不安が残り
撤退するインターナショナルスクールも多いんのでは?

なんて思う
 



応援クリックお願いしますー→












明日の励みポチッと応援クリックを...
↓ ↓
 

・ぜひ評価の足跡を残していって下さい:





トラックバックURL



コメント、質問をする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 





サイト内検索


中国上海外こもりブログ
中国[上海]駐在生活ブログ

RSSリーダーで購読する

連絡はコメントに残してください(コメントは承認制です)


最新コメント
最新ニュース
最新ニュース
月間のレポート