中国国内の外国人はパスポート常時携帯は必修?




2017年03月30日

中国国内の外国人はパスポート常時携帯は必修?

中国旅行/観光ブログ | 上海仕事,求人,ビザブログ






最近 韓国国内の高高度ミサイル防衛(THAAD)問題で
中国と韓国の関係が悪化してしばらくたつ

この影響で
そんななか外国人の職務質問や検査,取り締まりも強化しているみたい

そんな中こんな記事を目にした

中国公安、現地韓国人を無差別検問…駐中韓国大使館「パスポートの所持」呼びかけ

韓国内の高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備決定に伴う中国の報復が韓国人を狙った不審検問などに拡大している。これに伴い、駐中韓国大使館は中国を訪問する韓国人に公安の検問検索に備えてパスポートを常に所持するよう呼びかけている。

駐中韓国大使館は21日、ホームページに「中国内滞留関連有意事項案内」を掲載し、中国では常時パスポートあるいは居留許可証を所持するよう要請した。大使館は「最近、中国公安当局が路上や企業、宗教活動地、居住地などで韓国人のパスポートあるいは居留許可証の所持の有無を確認し、これを通じて居住地の住宿登記未登録者を摘発する事例が頻発している」とその公示理由を明らかにした。居留許可証は現地留学生や海外同胞に発行されている。彼らが普段、居留許可証を持つ場合が多くない点を考慮すると、大使館のこのような措置は異例だ。

実際、最近中国が「THAAD報復」の目的で韓国人居住地域に対する不審検問を強化しており、海外同胞の間には不安が広がっている。北京に住む海外同胞チョンさん(26)は「韓国人が運営する商店に公安が入ってきてTHAADに対する見解を尋ねていた」とし「韓国人を狙った中国によるあら捜しがますますひどくなっている」と話した。チョンさんはまた、「居留許可証を外出時に所持する海外同胞はほとんどいなかったが、THAAD報復のとばっちりを受けるのではないかと心配で、自発的に許可証を携帯する人が増えた」と伝えた。

中国出入国管理法によると、満16歳以上の外国人は中国滞留時には本人のパスポートまたは旅行証明書または外国人居留許可証を所持しなければならず、公安機関の検査に応じる義務がある。この時、入国後24時間以内(農村地域滞留時は72時間以内)に住宿登記(居住地登録)をしないか満了後に更新しなかった事実が摘発されると、公安機関の裁量で警告処分または最大2000人民元(約3万2300円)の罰金が課されることがある。調査の要求に応じない場合にも同じ罰則が適用される。

すでに韓国人密集地域である北京?望京と上海?虹泉路では今月初めに数十カ所の韓国人団体と海外同胞が公安の抜き打ち点検を受けていたことが分かった。




韓国人に対しての対応をのことだが…


でも 韓国人も日本人も見た目は変わらないので...

日本人も職質や検査などを受ける可能性は高く

街中での
パスポートチエックなども強化されている...







まあとばっりではないけど
パスポートを所持していないと捕まる可能性は高い

このため
外出時パスポートを携帯していたほうが良いのかもしれない

記事にもあるようの
中国では外国人は随時パスポートの所持を義務づけている

見つかれば罰金の可能性が高い...

パスポートを紛失や盗難される可能性があるので
持ち歩きたくない人もたくさんいるだろうが...

結構面倒...

応援クリックお願いしますー→












明日の励みポチッと応援クリックを...
↓ ↓
 

・ぜひ評価の足跡を残していって下さい:





トラックバックURL



コメント、質問をする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 





サイト内検索



中国上海外こもりブログ
中国[上海]駐在生活ブログ

RSSリーダーで購読する

連絡はコメントに残してください(コメントは承認制です)


最新コメント
最新ニュース
最新ニュース